サウジアラビアの思い出②~お茶会2

e0025655_5425124.jpg引っ越し荷物が片付いた頃、今度は「手芸の会」にお呼ばれしました。
モチロン手芸の後には「お茶会」が自動的に付いてきます。

私「手芸できないんです」
Aさん「雑巾でも縫えば」
私「ハイ」
というワケで皆さんが刺繍などされている間は雑巾を縫うことにしました。
問題はその後のお茶の時間です。
前回は引っ越したばかりということで「何も持参されなくてOK」ということでしたが、今回はそうはいきません。 お茶会にはホールケーキが参加者の人数分並びます。 それを少しずつ食べて残りはお持ち帰りします。 何を作って持参すればいいのか…駐在員夫人の皆さん、ケーキやお料理はプロ並みの腕前です。 

私はというと、自慢じゃないですけどケーキは「買うもの」で高校生の頃オーブントースターで「焦げたクッキー」を作ったことがあるくらいでしたから。 日本から持参した料理本をペラペラめくり、その中で一番簡単そうなものを見つけました。 題して「Fried Japanese  Noodle」…乾麺のうどんを固めに数分茹で、1本1本リボンの形に結び油で揚げます。 そうすると少し塩味のする、かわいいスナック菓子のできあがりです。

これは奥様方から「今度いらした〇〇商事の奥様は‘手芸のできない、オモシロイものを作るかた’」という、まずまず(なのか?)の評価を得たのでした。

そんな私も日本に帰国する3年後には、毎週のようにあったお茶会(「日本人はtea partyばかりやっている」とアメリカのかたに言われたこともありました)のおかげで鍛えられ、シュークリームらしきもの?やケーキらしきもの?を作ることができるようになりました。 

今ですか? もちろん、ケーキは「買うもの」ですよね♪

写真は昨日ガーデンメッセで作った寄せ植えです。
ジニア、コリウス、ヒューケラ、フィカスプミラ、デュランタライム、鑑賞用トウガラシ
[PR]
by garden-kusaki | 2010-07-02 06:44 | サウジアラビア


<< サウジアラビアの思い出③~スーパー サウジアラビアの思い出①~お茶会1 >>