のびのびとしたハンギング

e0025655_5595241.jpgのびのびとしたハンギングを作る場合大きめな苗を使うといいと思います。

ジュズサンゴ、コバノランタナ、ヘミグラフィス・レパンダ、コリウスなど根鉢があまり大きくなく上部が大きくなった苗を植えています。


園芸店では男衆も働いています。 レジや手入れ、清掃の他に配達や重いモノの移動、什器を作ったりします。 市場に行って植物を仕入れるのも男性が多いと思います。 台車に苗を載せ、トラックに積み込んだり、力仕事ですから。

朝、店の掃除をするだけでドッと汗が吹き出します。 その上男衆は力仕事ですから女性以上の体力と忍耐力が要ります。
 


男性スタッフTさんとの会話
Tさん「この間、苗が小さいのに実が付いてる斑入りのアケビがあって、そこの店のオヤジに実の付け方聞いたら“お前には教えねえ”って」
ワタシ「『おじゃる丸』に出てくる骨董屋のタナカヨシコみたいですね。 “いいねぇ♪ 古いねぇ♪ 売らないよ”みたいな。」
Tさん「オレもそういう花屋になる“お前には売らねえ”みたいな(笑)」
こんな感じの男性スタッフが園芸店にはおります。
[PR]
by garden-kusaki | 2010-08-02 06:31 | ハンギング


<< 日本茶を淹れる幸せ ペンタスのハンギング >>