「ほっ」と。キャンペーン

スキルアップ講座

e0025655_6125072.jpg昨日のスキルアップ講座は勉強になりました。 講師は園芸家の鶴島久男先生でした。 日本のハンギングバスケットは①デザインや創作性に力をいれていて装飾性が強い ②育てて楽しむことが薄れている 言い換えると「コンテスト中心のハンギングになってきている」ということでした。 

まさにそのとおりです。 私はいつもすぐに楽しめるものを作っています。 育てて楽しむということはバスケットに少しの種類の植物を間をあけて植えるということです。 あ~それだと~すぐに飾れな~い。 

やっぱりすぐに飾れるほうが私はいいです。 植性が違うものを一緒に植えないようにしますから、長く楽しめるハンギングを作りますから許して!

写真はタイツリソウの寄せ植えです。
タイツリソウ・ピンクネコヤナギ・ストック・ベアグラス・イワナンテン・バコパ
[PR]
by garden-kusaki | 2008-02-13 06:31 | 寄せ植え


<< ネモフィラ大好き クリスマスローズの寄せ植え >>