ハイポネックス園芸専門店セミナー

e0025655_635130.jpg昨日はためになる話が聞けました。 肥料の知識だけでなく「園芸初心者を失敗させないコツ」を聞くことができました。 特に春に出回るサフィニアの失敗しない育てかたです。

まずビニールポットから出ている部分の茎をピンチして7号鉢(直径21センチ)に1ポット植えます。 植えたらたっぷり水やりして下さい。 2回目からは必ず土が乾いてからです(ここ重要) そして2週間くらいしたら液肥を施して下さい。 そうすると新芽が出てきます。 そして茎が鉢の縁から出だしたら出ている半分の茎を鉢の縁あたりでピンチします。 その頃には花芽も付き初めていると思います。 花芽が付いている茎を切るのがもったいなく思われますので半分だけ切るのです。 そしてまたピンチした茎が伸びてきたら前にピンチしなかった方の茎をピンチするのです。 その間も液肥を施して下さいね。 液肥のラベルに書いてある希釈倍率、使用間隔でです。 ピンチと肥料を切らさないこと必ず土が乾いてからの水やりが見本鉢のような花を咲かせるコツだそうです。

私も今年は久々にサフィニアを植えてみようかな~と思っています。
写真は先日の教室で生徒さんが作ったものです。
アークトチス・ミスキャンタス・クッションブッシュ・シネンシス・ラゴディア・セアノサス
[PR]
by garden-kusaki | 2008-02-16 06:46 | 教室


<< 今日も教室 2月の教室「冬色の寄せ植え」 >>