JHBS東京支部研修会

e0025655_7383332.jpg昨日はハンギング容器を作っていらっしゃる伊藤商事(株)社長・伊藤氏の講演とデモンストレーションでした。 
本場イギリスとは全く違う道を歩いている日本のハンギングですが「色々な形があっていい。 とりあえずやってみよう。 5年してダメなら自然に消える」という言葉が強く印象に残りました。 ハンギングだけでなくいろいろなことで「そうだな~」と言える言葉です。 なんだか背中をポンと押された感じです。

写真はHB-31というワイヤーバスケットに植え込んだところです。 プラスチックのHB-27より大きいですがずっとずっと植え込み易そうな容器です。 また植え込まれた苗も良いものが揃っていて本部役員のかたがた本当にご苦労様でした。    
[PR]
by garden-kusaki | 2008-04-01 07:58 | その他


<< オステオスペルマムの寄せ植え 観葉day >>