木嶋利男さんのお話

e0025655_6261340.jpg昨日はサカタのタネ本社で「コンパニオンプランツ」と題した木嶋利男さんの講演でした。 

たくさんのコンパニオンプランツの組み合わせを教えていただけました。 また次のようなお話が印象に残りました。 
原産地では農薬や肥料がなくても良く育つ
  そうですよね、原産地のような状態を作ってあげれば病気や害虫の心配は少なくなります。
植物の生理生態に合うように種を播く
  大根の実の鞘ははじけにくい。 鞘のまま、もしくは3粒5粒で播くと良く育つ。 
意識と行動が不一致の消費者が52.4パーセント
  わかっちゃいるけどスーパーに行くと(農薬がかかっているかもしれないけど安いから)中国産の野菜を買ってしまう。 あ~私も良くあります。

なんだかメモ書きみたいになってしまいました。

写真は挿し木したエスキナンサスです。 2年目で花が咲きました。 あけさんありがとう♪
[PR]
by garden-kusaki | 2009-02-27 07:03 | ウチ


<< ガーデンズ教室 北側のスペース >>