カテゴリ:サウジアラビア( 16 )

サウジアラビアの思い出⑥ ~入国

e0025655_6202883.jpgお暑うございます。
ハイ、また暑っ苦しい寄せ植えですよ~♪  でも夏の元気モノなんですよね。

ハゲイトウ、ルドベキア、カラーリーフハイビスカス、クロミツバ

初めてサウジアラビアに入国する時のことです。
*サウジアラビアに入国するのは結構大変です。 ご参考までにコチラをどうぞ

ワタシと長男(当時2才)は入国審査の長い列に並んでいました。 長時間のフライトでクタクタでしたが、もう少しで到着出口で待つ主人に会えると思うと「アト少し」と元気が湧いてきました。

10分ほど待つとワタシ達の番がきました。 パスポートを渡し、初めての入国であることや、出口で主人が待っていることなど話しました。 すると審査官は「横で待つように」と言うと次のかたの審査に移ってしまいました。 ワケがわかりませんでしたが「まあ、もう少しで入国許可されるでしょう」と楽観的に考えていました。 

ところが10分待ってもワタシ達の手続きは進んでいる様子がありません。 すると一人の日本人ビジネスマンらしきかたが「どうしたんですか?」と声を掛けてくれました。 「これこれこうで、待つように言われた」と説明するとその審査官に掛けあってくれました。 

すると… 「通ってよ~し」みたいな感じで手招きされ、ワタシ達は無事入国することができたのでした。 「あれ?なぜ待たされたの?」とも思いましたが、とにかく入国できればいいのですからね。 

私にはそのビジネスマンが救いの神様のように見え、たくさんお礼の言葉を申し上げましたが、もうホント危うく「好きになっちゃいそう」でした(笑)
[PR]
by garden-kusaki | 2010-07-22 07:01 | サウジアラビア

サウジアラビアの思い出⑤~アバヤ

e0025655_6124035.jpgサウジアラビアでは女性は黒いアバヤを身に付けます。

私達外国人はベールは付けませんでしたが黒い袈裟のようなものはコンパウンド(外国人居住区のような所)以外の場所に外出する時には必ず着ていました。

これがスーパーなどで邪魔くさいんですよね~ 裾が陳列された商品に引っかかってお菓子などがバラバラと崩れ落ちたりして。 が、なぜかサウジの女性は直さないんですよ。

「下々のものが直すであろう」みたいな感じでス~っと行ってしまいます。 モチロン私は直しましたよ、小作人ですから


e0025655_192273.jpg
ハイビスカスの寄せ植えです。 夏はこれですね。 

ハイビスカス、ガーデンカラジウム、コリウス、クロサンドラなど



園芸ガイドHPのブログも久々にアップしました。 寄り道してって下さいね♪ 
「試験まであと〇〇日」
[PR]
by garden-kusaki | 2010-07-11 06:35 | サウジアラビア

サウジアラビアの思い出④~ドライバー

e0025655_641825.jpg主人のドライバーのかたはイケメンのイエメン人でした (終)

↑先ほど主人から「イエメン人でなくてシリア人だよ」と訂正が入りました。
あ、そういえば、そうだったかも(照)


写真は多肉の寄せ植えです。
[PR]
by garden-kusaki | 2010-07-04 07:06 | サウジアラビア

サウジアラビアの思い出③~スーパー

e0025655_6173770.jpg引っ越して間もない頃、ドライバーのかたに運転してもらい(サウジでは法律で女性は運転してはいけないことになっています)当時2歳の長男とスーパーに買い物に出かけました。

ところが店に入って数分後、全ての電灯がバチバチッと消えてしまいました。
な、ナニコレ? 停電?」
買いもの途中のカートを放り出し、長男を抱きかかえ、暗闇の中、足早に出口に向かいましたが出口は全てカギが掛かっていまhした。

あ~もうダメだ。 長男と供にどこかに売り飛ばされるんだわ。 一緒の場所ならまだしも、別々の場所だったら…現代版「安寿と厨子王」だわ。
「長男恋しやホウヤレホ、次男恋しやホウヤレホ、三男…」(あ、その頃はまだ次男も三男も生まれてなかったです 照)

真っ暗になった店内を見渡すウチに、目が暗さに慣れてきました。 非常灯がいくつか点いていて、サウジ人ではない買いもの途中のかたが数人いることが見えてきました。 そのかたたちは慌てず騒がず、ジッとしています。

とその時、大音量の民謡のようなコーランが店の外から聞こえてきました。 お祈りの時刻だったんですね。 サウジはイスラム教国ですので一日に5回お祈りの時間があります。 信者はメッカの方角に向かってお祈りを捧げるのです。 その10分?くらいの間スーパーは閉まってしまうのでした。 なんだかとってもホッとして長男と出口そばのベンチに座りジッとコーランを聞いていました。

写真はニチニチソウの寄せ植えです。  トワダアシが涼しげでホッとします。
ニチニチソウ、トワダアシ、ヒューケラ、フウチソウ、斑入りノブドウ、デュランタライム、コリウス
[PR]
by garden-kusaki | 2010-07-03 07:19 | サウジアラビア

サウジアラビアの思い出②~お茶会2

e0025655_5425124.jpg引っ越し荷物が片付いた頃、今度は「手芸の会」にお呼ばれしました。
モチロン手芸の後には「お茶会」が自動的に付いてきます。

私「手芸できないんです」
Aさん「雑巾でも縫えば」
私「ハイ」
というワケで皆さんが刺繍などされている間は雑巾を縫うことにしました。
問題はその後のお茶の時間です。
前回は引っ越したばかりということで「何も持参されなくてOK」ということでしたが、今回はそうはいきません。 お茶会にはホールケーキが参加者の人数分並びます。 それを少しずつ食べて残りはお持ち帰りします。 何を作って持参すればいいのか…駐在員夫人の皆さん、ケーキやお料理はプロ並みの腕前です。 

私はというと、自慢じゃないですけどケーキは「買うもの」で高校生の頃オーブントースターで「焦げたクッキー」を作ったことがあるくらいでしたから。 日本から持参した料理本をペラペラめくり、その中で一番簡単そうなものを見つけました。 題して「Fried Japanese  Noodle」…乾麺のうどんを固めに数分茹で、1本1本リボンの形に結び油で揚げます。 そうすると少し塩味のする、かわいいスナック菓子のできあがりです。

これは奥様方から「今度いらした〇〇商事の奥様は‘手芸のできない、オモシロイものを作るかた’」という、まずまず(なのか?)の評価を得たのでした。

そんな私も日本に帰国する3年後には、毎週のようにあったお茶会(「日本人はtea partyばかりやっている」とアメリカのかたに言われたこともありました)のおかげで鍛えられ、シュークリームらしきもの?やケーキらしきもの?を作ることができるようになりました。 

今ですか? もちろん、ケーキは「買うもの」ですよね♪

写真は昨日ガーデンメッセで作った寄せ植えです。
ジニア、コリウス、ヒューケラ、フィカスプミラ、デュランタライム、鑑賞用トウガラシ
[PR]
by garden-kusaki | 2010-07-02 06:44 | サウジアラビア

サウジアラビアの思い出①~お茶会1

e0025655_654949.jpgウチにサウジアラビアの地図の額があります。
ナゼそんなものが?
随分前ですけど主人の仕事の関係で駐在していたからです。 私もいい年になりましたから忘れないウチに書いとこうかな~と思って。 今日は①です。

もう20年以上前になります。 商社マンの主人がサウジ転勤になりました。 その時まず用意したのがお料理の本とたくさんの和食器です。 洋食器は現地で買えるので、とにかく和食器(汁椀、飯椀、和皿、箸、箸置きなど)を10ずつ、それから大皿5枚くらいを買い求めました。 

「料理ベタなワタシなのにこんなにいっぱい買ってどうするのよ~」と思いましたが、現地に到着して荷物をほどいている間に同じコンパウンド(外国人居住区のような所)に住んでいらっしゃる日本人のかたのお茶会に呼ばれ、その理由がわかりました。

ホテルのバイキングのような和、洋、中のお料理とケーキ、和菓子がズラズラ~っとテーブルに並んでいました。 それは全てそこにお呼ばれした駐在員の奥様がたの手作りで、「これから料理ベタのワタシもこういう会に頻繁に参加したり催したりすることになるワケ~?」と冷や汗をタラ~っと流したのでありました。      …でも、まあ、料理の本もあるし大丈夫さ←なのか?
[PR]
by garden-kusaki | 2010-07-01 07:02 | サウジアラビア